學舎〜マナビヤ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS お産を扱わない産婦人科

<<   作成日時 : 2006/06/15 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

が35%という報道がありました。
朝刊にも大々的に載っていたこともあり、ニュースでも大きく取り上げられていた。

政府からはいろんな少子化対策案が出されているけど、どれもぱっとしない感じ。
子育てし易さにフォーカスした医療制度改革法案も通ったけど、
労働基準法改正して残業減らそうとしているようだけど。

うちの会社はこの医療分野に製品を供給し続ける社会的な意味があるということで、
この話題は影響大です。
専業企業として、率先して抜本的見直しに協力することが必要なんじゃないのかな。
ビジネスだって成り立たなくなるのでは?
というようなことをレポートに書いたら若干注意受けました(^^;

一日も早い出産環境改善を願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
報道されてましたね〜。
個人的には予想以上に多いなと思いましたが。
小児科医、産婦人科医の減少は大問題ですもんね。
早急な対策が望まれますね。
セイ
2006/06/16 22:06
出産したときにもらえる出産育児一時金が30万から今度35万になるそうだけど100万くらいにしたら多少の少子化対策にもなると思うのですが・・・。
病院が整ってないのはよくないですね。
確かに驚きのニュースでしたよ。
えーちょ
2006/06/17 21:24
ミクシィから来ました。コメント2度目です v_v
出産育児一時金、現時点で既に多すぎると思います。
みんなの税金が当てられる訳だし、擁護する側が違う気がする。
お産はいつになるか分からないから休患日がない。
働く人にミスは許されない。
人員が足りない。
こんな背景を考えて、医療従事者に対する給与も上がって然るべきだと思います。
微妙星人
2006/06/17 23:27
皆さん書き込みありがとうございます。
>セイさん
そうなんですよ、医大で専門選ぶ時から、人気低迷らしいです。勤務体系も理由のひとつのようです。
>えーちょさん、微妙星人さん
育児にはもっとかかりそうですが、多少なりとも援助があれば率はあがるのかな。産婦人科・小児科の先生の報酬もあがったようですが、まだまだ対価をみると厳しいそうです。

出生率を上げることにフォーカスされがちですが、みんなが求めているのは質の良い医療、育てやすい環境、なのではと思います。自ずと財源を注入すべきところ、見直すべき体系は見えてきそうな。
ぜっきー
2006/06/19 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
お産を扱わない産婦人科 學舎〜マナビヤ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる